ARCHIVE    ENTRY    COMMENT    TRACKBACK    CATEGORY    LINK    PROFILE    OTHERS
<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2020.08.17 Monday

『キラメイジャー』

by 清田和彦

今、キラメイジャーが面白いです!
キラメイジャーには、キラメンタル(魅力や才能の源とされる輝く精神力)を持つ5人の若者が変身します。
キラメイレッド・熱田 充瑠は想像力が豊かで絵を描くのが得意な高校生。イエロー・射水 為朝は、eスポーツ界No.1プレイヤー。グリーン・速見 瀬奈は、100メートル走の日本記録を持つ女子陸上界のスーパースター。ブルー・押切 時雨は、人気のイケメンアクション俳優。ピンク・大治 小夜は、美しすぎる女医と評判のスーパードクター。6人目の追加戦士・キラメイシルバーも登場して、どんどん盛り上がってきてますよ。

それに、新旧融合と言うか、どこかノスタルジックな雰囲気があります。
例えば、敵の怪人です。○○邪面と言いまして、基本的には全身タイツに仮面(邪面)をかぶって登場します。ラグビー邪面とかマンリキ邪面とかジョイスティック邪面とかリセットボタン邪面とか・・・。
さて、ここで思い出されるのは、初代スーパー戦隊の秘密戦隊ゴレンジャーです。ゴレンジャーの敵は○○仮面という怪人達で、やはり仮面をかぶっています。野球仮面やストーブ仮面やテレビ仮面などなど。
中でも印象深いのは機関車仮面です。SLを模した怪人なのですが、ゴレンジャーの基地を見つける為に町中を単に走り回っていた、ちょっと変わった怪人です。最後には、ゴレンジャーの必殺技を受けて、「ワシの時代は終わった〜」と言って爆発します。ちょうど現実にSLが無くなる時だったんですよねぇ。
さて、キラメイジャーでもSL邪面という敵が出てきます。そして、このSL邪面もやられる時に「ワシの時代は終わっていたのかー」と言って爆発します。正直、このオマージュにはかなり笑いました!

さて、前回、キラメイピンク役の工藤美桜ちゃんがとてもかわいいと書きましたが、それにも増して、キラメイグリーン役の新條由芽ちゃんがとてもとてもかわいいです。容姿がかわいいのももちろん、内面も天真爛漫で見てるだけで癒やされます。毎週、由芽ちゃんを見るのが超楽しみになってます(笑)

一時は、キラメイレッド役の小宮君がコロナウイルス陽性となり大変だったと思うけど、「止まない雨はない」と言うことで、これからのキラメイジャーもドキドキワクワク楽しみたいと思います。

そして、仮面ライダーゼロワンもクライマックスに向けて、超盛り上がってます。
ゼロワンドライバーは破壊されてしまいましたが、パワーアップした「仮面ライダーゼロツー」が登場しました!(令和2年になったからかな?)
物語の最後は、どんなドラマが待っているのか。楽しみですねぇ。

9月からは、新仮面ライダー、『仮面ライダーセイバー』が始まります!
「文豪にして剣豪!!」。聖剣を手に、本の中の異世界で戦う仮面ライダー。
年間、10人以上の仮面ライダーが登場するらしいですよ。
今からめっちゃ楽しみです!
2020.03.02 Monday

『キラッと参上!』

by 清田和彦

ついに『騎士竜戦隊リュウソウジャー』が最終回を迎えました。

前作の『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー』、前々作の『宇宙戦隊キュウレンジャー』と斬新な戦隊が続きましたが、リュウソウジャーはかなり王道な戦隊だったと思います。

リュウソウジャーに変身する5人の陸のリュウソウ族、そして、6人目の追加戦士の海のリュウソウ族。そして、たくさんの騎士竜達。騎士竜達も含め、人間ドラマに感じ入ることが多かったです。敵のドルイドンでさえも、一枚岩ではなく、様々なドラマがありました。
リュウソウピンクのアスナは可愛かったなぁ。演じているのは、尾碕真花(おさき いちか)ちゃん。明るくて前向き。とっても好きでした。
異名が「剛健の騎士」だけあって、女性なのに、怪力の食いしん坊キャラです。と言っても、太っているわけでもカレーばかり食べているわけでもありませんけど(笑)
また、リュウソウジャーになれなかった男、陸のリュウソウ族ナダも印象深いです。「ガイソーグ」という最強を求める意思を持つ鎧に魅入られます。紆余曲折あり、最後にはガイソーグの呪いから解き放たれますが、リュウソウレッドに鎧の力を残し、命を落とします。
何はともあれ、見所の多かった作品ですね!

そして、3/8からは、『魔進戦隊キラメイジャー』が始まります。モチーフは「宝石」と「乗り物」です。地球を守る為に、闇の帝国「ヨドンヘイム」と戦います。
ところで、「魔進」と言えば、思い出すのは、仮面ライダードライブの敵「魔進チェイサー」ですね。死神と呼ばれ、恐れられていた彼の正体は、実は仮面ライダードライブのプロトタイプで、後に「仮面ライダーチェイサー」として味方になるのです。・・・でも、流石に関係ないか。

キャッチフレーズは、「キラッと参上! カラッと解決!」です。
僕らの時代は、「ズバッと参上、ズバッと解決。人呼んでさすらいのヒーロー! 快傑ズバット!!」と言うフレーズを思い出します。1977年に放映された特撮番組『快傑ズバット』の主人公、早川健の決めゼリフです。
彼は、なんでも日本一のさすらいの私立探偵。殺された親友の仇を取る為に、日本中を旅しています。
実際に見てみるとよく分かりますが、『快傑ズバット』は、特撮史に残る、知る人ぞ知る名作品なのですよ!

そして、キラメイピンク役は、「仮面ライダーゴースト」で、2号ライダー・スペクターの妹役を演じていた工藤美桜(クドウ ミオ)ちゃん。とってもかわいいんですよ。

さて、戦隊シリーズ初、『エピソードZERO』という前日譚が上映されているキラメイジャー。
本編が超楽しみです!
2019.09.15 Sunday

『ゼロワン』

by 清田和彦

仮面ライダージオウが最終回を迎えました。
主人公は、50年後の未来でオーマジオウとして君臨する常磐ソウゴ。
その50年後から、ゲイツとツクヨミが、未来を変える為に2019年にやって来ます。ナンダカンダあって、ゲイツとツクヨミはソウゴの仲間になり、真の敵と戦います。その真の敵とは、タイムジャッカーのスウォルツ。彼は、ソウゴの世界とは別の世界の住人です。
スウォルツの世界は滅びる運命にありました。彼は、自分の世界だけでなく、他のすべての世界を滅ぼそうとしていたんです。
ソウゴにすべての仮面ライダーの力を集めさせ、最終的にその力を奪い、世界を破滅させようとしていました。
しかし、すべての仮面ライダーの力を集めたソウゴは、オーマジオウに進化し、スウォルツを倒すことに成功しました。
オーマジオウとなり君臨する未来を選んだかに思えたソウゴ。しかし、そうではありませんでした。
ソウゴは、オーマジオウの力を使い、世界を破壊しました・・・新たに世界を創造する為に。そして、物語は、ソウゴが仮面ライダーの力を手に入れる前に戻り大団円です。ソウゴが仮面ライダーにならなかった新しい未来が始まるのです。
平成最後の仮面ライダー、とっても面白かったです!

そして、新しい仮面ライダー、『仮面ライダーゼロワン』が始まりました!
「令和」の最初のライダー(1号ライダー)だから、『仮面ライダーゼロワン』なのかな。
テーマは人工知能AI。
AIが発達した新時代、「ヒューマギア」と呼ばれる人工知能搭載ロボットが存在し、人間と区別のつかない姿で、あらゆる面で人間の生活をサポートしている。
その一方で、人類滅亡を企むサイバーテロリストが現れ、ヒューマギアを暴走させる。その脅威に立ち向かうのが、仮面ライダーゼロワンです。

まあ、私らの時代は「ゼロワン」と言えば、『キカイダー01』ですけどね(笑)
『人造人間キカイダー』の後番組なのですが、キカイダーより以前に造られたという設定です。
キカイダー01はキカイダーが持っていた不完全な良心回路は持っていません。だから、善悪の葛藤に苦しむことなく悪を倒します。
エネルギーは太陽電池。その為、夜や海底では、そのパワーが10分の1に・・・。
あ、いやいや、今回は「キカイダー01」ではなく、「仮面ライダーゼロワン」だった!

ゼロワンは、日本最大手のAIテクノロジー企業の社長ライダー、飛電或人(ひでんあると)。お笑い芸人をしていた或人が、いきなり祖父の会社を受け継ぐことになったのです。
モチーフは、なんとバッタです! 1号ライダーを思い出しちゃいますね。
2号ライダー(仮面ライダーバルカン)も出ますよ。こちらのモチーフは狼ですが。
そして、物語の序盤から女性ライダー(仮面ライダーバルキリー、モチーフはチーター)も登場しますが、これは仮面ライダー初とのこと。斬新です。
さらに、ヒロインは秘書型AIアシスタンスト、ヒューマギア「イズ」。
そしてそして、イズを演じるのが、「鶴嶋乃愛(つるしま のあ)」ちゃん。乃愛ちゃんは、とってもかわいいのです。第1話でも、少し首を傾げた瞬間がとってもかわいかった!

ヒューマギアは通信衛星ゼアによって制御されている。人物を認識し、自分で考えて行動する。
イズは、社長のサポートに特化したヒューマギア。あくまで、秘書という立ち位置ですが、或人とともにいることで、様々なことをラーニングしていくようです。いつか、そのラーニングの成果、かわいい乃愛ちゃんのとびっきりの笑顔が見たいな(笑)

さてさて、今後の展開がとても楽しみな令和の1号ライダー。
乞うご期待ですね!
2019.06.02 Sunday

『3号』

by 清田和彦

久しぶりに『スーパーヒーロー大戦GP 仮面ライダー3号』を見ました。2015年に上映された仮面ライダードライブがメインの映画です。主人公は泊進ノ介(とまり しんのすけ)、刑事です。
そして、彼には詩島霧子(しじま きりこ)ちゃんという相棒がいます。

1973年、ショッカー首領を倒した仮面ライダー1号2号の前に仮面ライダー3号が立ち塞がります。これは、ショッカーが密かに開発していた歴史改変マシンの影響なのですが、3号は1号2号を倒してしまいます。
そして、歴史が変わるのです。
2015年はショッカーが世界を支配しています。ほとんどの仮面ライダーがショッカーの仲間になっていますが、ドライブ・マッハ(「ドライブ」の2号ライダー)・ゼロノス・ファイズ・ブラック等のライダーは、ショッカーを倒そうとしています。ちなみに、マッハは霧子ちゃんの弟です。
そして、この正義のライダー達の前に黒井響一郎(仮面ライダー3号)が現れます。仮面ライダー3号を演じたのは及川光博さんです。
3号は、脳手術を受けておらず、1号2号を倒したことを後悔していると言うのですが・・・。
まあ、紆余曲折、いろいろあって、仮面ライダー1号2号も甦り、3号とともに、電子頭脳となりショッカーロボを操るショッカー首領を倒して、歴史は元通りに修復されます。正当な歴史には存在しなかった仮面ライダー3号はそのまま消えていくのです。
が、この戦いの中で、仮面ライダーマッハがショッカー怪人に倒され、死んだまま物語は終了します。歪められた歴史の中での死。これが何を意味するのか。そう、まだ物語は終わっていなかったのです。
この映画には続編があります。Vシネマ『仮面ライダー4号』です。この話がとっても良いのです!

・・・よし、今度は『仮面ライダー4号』をもう一度見よう(笑)
楽しみ!
2019.02.03 Sunday

『ジオウ その2』

by 清田和彦

「仮面ライダージオウ」も中盤に向かい、かなり盛り上がってきてますよ。
登場人物も皆、個性豊か。
ー膺邑、仮面ライダージオウのソウゴ。彼は、すべての人が幸せでいられる世界の為、優しい王様になりたいと思っています。
50年後の未来に存在する最低最悪の王、「オーマジオウ」。すべてのライダーの力を奪い、魔王として君臨しています。それは、50年後のソウゴの姿とされていますが、果たして・・・。
50年後の未来からやって来て、ソウゴがお世話になっている叔父さんの家に下宿することになったゲイツ(仮面ライダーゲイツ)とツクヨミ。ゲイツは、ソウゴが魔王になる前に倒してしまおうとします。ツクヨミは、ソウゴが王様にならないように説得しようとします。しかしソウゴは、王様になることを諦めようとしません。ただ、現代の優しいソウゴが魔王になるとは、にわかに信じられないゲイツとツクヨミ。2人はソウゴを観察する為に、ソウゴの叔父さんの所に下宿することにしたわけです。
タイムジャッカーのウール、オーラ、スウォルツの3人。タイムジャッカーは、人間に平成ライダーの力を与えて、アナザーライダーを作り出すことができます。そして、オーマジオウとは別のライダーを擁立することで正当な歴史を改変しようとしています。彼らは、自分と対象者以外の時間を一時的に止めることもできます。仮面ライダーの時間までも止まっちゃうんですから、最強じゃねーか!と思わなくもないですが、強大な力を持つタイムジャッカー達。彼らは一体何者なんでしょう?
た製亠緩廚寮椎、ウォズ。衝撃波や空中浮遊能力などを使うことができます。
彼は、「逢魔降臨暦」という本を持っていて、その本に書いてある通りにソウゴを魔王にすることを望んでいます。その為、逢魔降臨暦に書いてある通りに事が進まないと敵側と手を結んだりもしちゃうんですね、これが。
ゲ礁魅薀ぅ澄璽妊ケイドの門矢 司。彼は、ウォズに呼び寄せられて現れました。もちろん、他のライダーに変身する能力も健在です。我が道を行くディケイド。彼の今後の行動から目が離せません。

そして今、物語は「未来編」に入り、もう1人のウォズが現れました。このウォズは、ゲイツがオーマジオウを倒し、救世主となった未来から来たんです。要は別の未来。このオーマジオウのいない世界では、仮面ライダーシノビや仮面ライダークイズが存在しています。そして、そのもう1人のウォズも仮面ライダーウォズに変身します。
オーマジオウのいる世界といない世界、これから物語はどのように展開していくのか、とっても楽しみです!

そして最後に、タイムジャッカーのオーラを演じる紺野彩夏(こんの あやか)ちゃん。とにかくかわいい! とんでもなくかわいい!
大人びた演技も魅力的ですが、笑顔がとてもかわいいです。
一見の価値あり!の女の子ですよ(^o^)
2018.09.02 Sunday

『ジオウ』

by 清田和彦

仮面ライダービルドが最終回を迎えました。
重かったなぁ・・・、とにかく重かった。どの層をターゲットにしてたんだろ?
所々にギャグが散りばめられてるんだけど・・・メインストーリーが重いから、「うーん」ていう感じですね(^_^;)
ストーリー自体は、謎あり、伏線ありと、とても緻密に構成されてるので、内容的には非常に面白かったですけど。
最終回ですべての謎や伏線が回収されて、最大の敵も倒せて、「良かった良かった」ってところですね(^o^)
まあ、ラストは微妙な終わり方だったけど、個人的には好きな終わり方でした!

さてさて、そして新しいライダーは「仮面ライダージオウ」、時空をかけるライダー。平成仮面ライダーシリーズの20周年記念作品です。
モチーフは「時計」で、ジオウは平成ライダー達の力を使うことができます。
そして、ジオウは時間を移動して平成ライダー達に出会い、過去・現在・未来を救う為の戦いを繰り広げていくのです。
10周年の時の「ディケイド」と同じノリなのかなぁ。
楽しそう!
主人公は2000年生まれの
18歳。彼の前に、1人の少女が現れます。彼女は未来を変える為に2068年からタイムマシンに乗ってやって来ました。そして彼女は彼に衝撃の告白をします。「50年後の彼が世界を破滅させる」と。
なんか面白そうな設定ですねー。なんと1話にはビルドが登場です。
どんな物語が展開していくのか超楽しみ!

ここで、少しだけ欅坂の話。
7作目の新曲「アンビバレント」。やはり心に響く曲ですね。誰しもが持っているであろう「相反する気持ち」。とても深いです。
そして、平手ちゃん主演の映画「響」。ストーリーにも平手ちゃんにも期待してます。とにかくとても楽しみな映画です!
最後に・・・今泉佑唯ちゃんの欅坂卒業が発表されました。彼女の歌声、好きだったんだけどなぁ・・・。でも、ソロで芸能活躍は続けるそうです。ソロでの歌声も聴けるように応援したいなと思います。
2018.03.26 Monday

『ルパパト』

by 清田和彦

 今年の戦隊は「快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー」です。略して「ルパパト」。

2つの戦隊が犯罪集団ギャングラーを交えて三つ巴の戦いを繰り広げます。
ルパンレンジャーとパトレンジャーは共にギャングラーと敵対しながらも、快盗と警察という立場の違いから相容れないんですよね、これが。

 キュウレンジャーは最初から9人という破天荒な戦隊でしたが、今回はダブル戦隊というさらに破天荒なことになっちゃってます。
いや、待てよ。そういえば、2002年に放映された「忍風戦隊ハリケンジャー」があった。ハリケンジャー3人とゴウライジャー2人が共闘して「宇宙忍群ジャカンジャ」と戦ってたっけ。最初はハリケンジャーとゴウライジャーも敵対してたから、「ルパパト」と似てるかも。
「ルパパト」はこれからどうなっていくのかな?

 今から100年程前に活躍した大怪盗アルセーヌ・ルパン。そして、ルパンが収集した「ルパンコレクション」。この秘宝は人類を繁栄させることも破滅させることも可能な強力な力を秘めている。そのルパンコレクションがギャングラーに奪われてしまった。
ルパンレンジャーは「ルパンコレクション」をギャングラーから奪い返しているのです。自分たちの大切な人を甦らせる為に。
パトレンジャーは、市民の安全や秩序を守る為に、ルパンレンジャーやギャングラーを逮捕するべく、警察としての正義を貫いているのです。

 両戦隊とも、同じ「VSチェンジャー」というルパンコレクションで変身します。そして、お互いの専用メカもルパンコレクション。どうして両戦隊が同じ変身アイテムを持っているのか? 謎です。
そして、「グッドストライカー」という自我を持つ大型ビークル。愛称は「グッティ」、ルパンコレクションの一つ。このグッティが、両戦隊の専用メカに合体して、巨大ロボになります。ルパンレンジャーのメカと合体して「ルパンカイザー」に。パトレンジャーのメカと合体して「パトカイザー」に。でも、グッティは1台だけだから、どちらかしか巨大ロボになれないんだよねー、今のところはだけど・・・。

 また、ギャングラーの怪人達は、肉体に金庫を持っています。その金庫の中にルパンコレクションを入れて、そのコレクションに合わせた特殊能力を使うことが出来るようになっています。

敵味方関係なく、強大な力を与えるルパンコレクション。不思議ですねー、謎ですねー。
これからの展開がまったく読めません。楽しみですねー!

そして、最後に欅坂の話。6枚目の新曲「ガラスを割れ!」が発売されましたね。とってもロックで心を揺さぶられる曲です。
いつかどこかで、自分もガラスを割れていたなら、少しは違った景色が見られていたのかな? まだガラスを割ることができる人は、一度割ってみると良いかもしれませんね。
6枚連続でセンターは平手ちゃんです。無責任に頑張れなんて言えないけど、それでもやっぱり応援したいと思います。
2017.10.23 Monday

『GARO』

by 清田和彦

このところずっと『GARO』に嵌まってます。もちろん、「アニメ」でもなく「パチンコ」でもなく、特撮の『GARO』です。
第一作目は、2005年から2006年にかけて、テレビ東京系で放映されました。そして現在も、劇場版等を含め、まだまだシリーズは続いています。
『GARO』は、この世の闇に潜む「ホラー」を狩る魔戒騎士のストーリーです。魔戒騎士の中で最強の称号を持つのが「牙狼」です。
第1シリーズの主人公は「冴島鋼牙」。
画廊のオーナーがホラーに豹変。綱牙は牙狼の鎧を召喚し、そのホラーを倒します。しかし、そこに居合わせた画家を夢見る女性「御月カオル」は、ホラーの返り血を浴びてしまいます。
ホラーの血はホラーを誘き寄せる。綱牙は多くのホラーを狩る為にカオルを利用します。ホラーの血を浴びた人間は、100日後には気絶することも許されない激痛の中で絶命する。カオルにはそれを秘密にして、自分のそばでホラーの餌にするのです。
しかし、それは口下手で不器用な綱牙の優しさ。綱牙がいなくても、ホラーの返り血を浴びたカオルは多くのホラーから狙われることになる。それならば、カオルを守りながら、ホラーの返り血を浄化しようと綱牙は決心していたのです。
とにかく、綱牙は優しくて格好いい。そして強い。綱牙とホラーの戦いは迫力満点です。
そして、牙狼の鎧を召喚した後はさらに格好いい!
ストーリーもただホラーを倒すだけでなく、人間ドラマもすごいです。心惹かれるお話がたくさんです。綱牙とカオルも、いろいろな困難を乗り越えて最後には結ばれますよ。
とにかく見応え満載。一見の価値ありです!

そして、ちょっとだけ欅坂の話。
休養していた今泉佑唯ちゃんが戻ってきました!
お休みしていた人が戻ってくるのは嬉しいですね。
お仕事は少しずつとのことですが、あせらずゆっくり元気になってほしいと思います。
「ずーみん」の笑顔がまた見られるのは嬉しいです!
2017.05.21 Sunday

『原点回帰』

by 清田和彦

原点回帰と言えば、やっぱり「ウルトラマン」かな。もちろん「仮面ライダー」も「戦隊モノ」も大事な原点だけど、「ウルトラマン」が一番早く放映開始されたし。
昭和の「ウルトラマン」「セブン」「新マン」「A」「タロウ」「レオ」「80」、平成に入って「ティガ」「ダイナ」「ガイア」「コスモス」「ネクサス」「マックス」「メビウス」「ギンガ」「ギンガS」「エックス」「オーブ」とテレビシリーズだけでもかなりの数がありますねぇ。劇場版やオリジナルビデオ版なども含めると、もっとたくさんです。
これだけ続くってすごいなー。最初のウルトラマンも、また改めて見てみようかなぁ。
昭和のウルトラマンの中では「ウルトラマンA」が好きだったなあ。光線技が多彩でかっこよかったんですよ。短足でしたけど(笑)
そして、大きくなってからは「ウルトラセブン」が好きになりました。とにかくストーリーが深い。大人でも充分楽しめる話が多いです。
平成のウルトラマンは好きな作品がいっぱい。「ガイア」「ネクサス」「メビウス」等々。
「ウルトラマンガイア」は、「ガイア」と「アグル」という二人のウルトラマンが登場した作品でした。この設定も好きだったけど、防衛隊の設定も好きでした。防衛隊の中に複数のチームがあるんです。ベテランパイロットの戦闘力に長けたチーム。若手エリートの空中戦が得意なチーム。あとは、地上戦のチームや海洋戦のチーム。人命救助チームや女性だけのチームもありますよ。それぞれのチームには、そのチームのプライドや考え方もあって、チーム同士の関わりもとてもおろしろかったんです。
そして、この「ウルトラマンガイア」には、ワンシーンだけですが、アイドル時代の上戸彩が出演していたのもポイント高いです(笑)

そして、もうすぐ新しいウルトラマンが始まります。その名も「ウルトラマンジード」。彼はどうやら「ウルトラマンべリアル」の息子らしいです。びっくりです。悪のウルトラマン、「ウルトラマンべリアル」の息子!?
楽しみ(笑)

最後に欅坂のこと。
メンバーの今泉佑唯ちゃんが体調不良で活動をお休みしています。
ちっちゃくて、かわいくて、笑顔が魅力的な女の子です。
早く良くなって、また元気な笑顔を見せてほしいな。
待ってます。

2017.03.08 Wednesday

『キュウレンジャー』

by 清田和彦

 「5人揃ってゴレンジャー」ではなく、「9人揃ってキュウレンジャー」です。
なんと今年の戦隊は、「宇宙戦隊キュウレンジャー」。最初から9人の設定なんです。今まで途中からどんどん仲間が増えていく戦隊はあったけど、最初から9人設定とは・・・。攻めてますねー。
 88の星座は「宇宙幕府ジャークマター」に支配されてしまった。それを救うのが「キュータマ」に選ばれた9人の戦士。それが「キュウレンジャー」。
 今回のモチーフは「宇宙」と「星座」です。なんと第1話は宇宙のとある星から始まります。地球じゃないんです。そう、キュウレンジャーは皆、地球人じゃないんです。これも驚き。
 星座をモチーフにしているだけあって9人の戦士の名前も個性的。
「シシレッド」「サソリオレンジ」「オオカミブルー」「テンビンゴールド」「ヘビツカイシルバー」「オウシブラック」「カメレオングリーン」「カジキイエロー」「ワシピンク」の9人。
そう、9人なのですが・・・人間は5人だけ。あとの4人は「狼男」「機械生命体」「戦闘用ロボット」「アンドロイド」がキュウレンジャーに変身するのです。
そして、9人いるキュウレンジャーですが、基本的に毎回のミッションに出撃できるのは5人だけ。その5人の出撃メンバーもくじ引きで決めるようです。これ、司令官がちょい悪オヤジだからです。まあ、確かに、毎回9人出撃してたら大変かもしれませんけどね、いろいろと。
 さらに戦隊と言えば巨大ロボ。キュウレンジャーはそれぞれ専用の乗り物メカを持っているのですが、そのうち5体が合体して「キュウレンオー」が誕生します。
この「キュウレンオー」も凄い。シシレッドのメカを胴体に、両手両足が他のメカになるのですが、この組み合わせが自由自在。戦闘中に「左腕」と「右足」を交換したりとか。各メカは、それぞれ異なる特徴を持っているので、合体の仕方で戦い方も変わったりするんですよね。一体、何種類の姿になるんだろ?
もう本当に何でもありです。でも楽しそうな雰囲気がプンプン匂ってきます。
とにかくワクワクドキドキの新戦隊です。
 ヒロインは「大久保桜子ちゃん」。とってもかわゆいです。
彼女が演じるのは、なんと「カメレオングリーン」。「緑のカメレオン」です。女の子で「緑」、そして「カメレオン」。やっぱり斬新!
 さてさて、果たしてどんなストーリーが展開されるのかなー。これからが超楽しみです。

Powered by
30days Album