ARCHIVE    ENTRY    COMMENT    TRACKBACK    CATEGORY    LINK    PROFILE    OTHERS
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2012.12.11 Tuesday

ギター

by 鈴木 祐

人生で初めてではないけど、楽器屋に足を運んだ。
理由はさて置き、足を運んだ。
楽器と言ってもギターやその関連商品を扱っているお店だ。

うぉう、まさに異・次・元・空・間!!
エレキギター、アコースティックギター、クラシックギター、ベース、DTM、その他アクセサリーが整然と並んでいる。
さてさて、お目当ての品物を…っと弾き語りが聞こえてきた。
ギターの試奏をしていたのだ。しかも超ウマイ。うぅ、なんか居辛いぜ…。
いや、商品を買いに来たのだから何も後ろめたいことはない。
うぅぅ、なんだこの値段の差は…¥10,000〜¥2,000,000まであるよ。何が違うんだよ。さらに居辛くなっちゃったよ。(弾き語りは熱を増す!!)
耐え切れなくなり、店員さんを呼ぶ。初めてなので、初歩的な質問を繰り返す。店員さんはギター初心者の私に丁寧に教えてくれた。多分、売りたいのだろう。
そして、実際にギターにも触れてみた。じゃらら〜ん。(弾き語りは続いている。)
ホントだ………。弾き比べると全然違うじゃん。納得。
いろいろ試す。(いきなり弾き語りの歌が激しさを増す!!)
……………弾き比べやめた。しかしお気に入りは見つかった。
YAMAHAのギターだぜ。
Y・A・M・A・H・A(ワイ・エー・エム・エーエイチ・エー・ヤマハ)イェイイェイ
購入決定!!


おわり
2012.08.20 Monday

とある休日

by 鈴木 祐

丸一日休みがあった。
朝起きて夜寝るまで自分だけの時間、なんて贅沢なんだ。
起床、すでに時刻は9:30。朝ごはんは白飯とMiso Soupと、シンプルに。
さて、食器を片付けて、お風呂掃除を始めます。とその前に洗濯物を洗濯機へ。今日は二回戦だ。
右手にカビキラー、左手に劇落ち君。いざゆかん。ピカピカ〜、ツルツル〜、15分で終了!
次の標的は庭の雑草群(軍)
鎌を振りかざし、草むしり&草刈りです。
2時間の戦闘の末、結果は殲滅できず………。
やはり昔の諺通り『Weeds never die』

ヒットポイント回復のため、昼食にする。
よし、お次は部屋の掃除です。と、その前に洗濯物二回戦目を開始です。
今年に入って掃除が楽しい。なぜならお気に入りの武器が我が家に来たからです。
dyson DC22 ddm
最高です。フローリングはすべすべです。もうほっぺたをくっつけたくなる衝動が襲ってきます。
床も布団もソファーもこれ一台!もう手放せません。
トイレ掃除が残っていました。
ささっと終わらせ、シャワーを浴びます。
きれいになった我が家で、ビールをぐぃっと一杯!
人生この時のために生きてるような…、
そんな一杯…、
懐かしい映画を見ながらそんな風に染々、地味におもうのでした。

いや〜、幸せな1日でした。


終わり

2012.06.07 Thursday

金環日食

by 鈴木 祐

A.M.6:30
川崎駅

朝のラッシュがいつもより一際激しい…。彼等は皆一様にそわそわしていた。不安と期待が入り混じって落ち着くことができないでいる。天気は曇り、太陽は未だ顔を出していない。日の出からもう一時間は経っている。
車窓から街の景色を眺める。ふと陽光が射した。
突然、車内から歓声があがる。何が嬉しいのか今の私には知る由もなかった。

A.M.7:00
赤坂見附駅

ほとんど全ての人が足早に会社に向かう。
いや、そうでない。早く地上に上がりたかったのだ。駅から仕事場までいつもならすれ違う人間はほとんどいないのだが、立ち止まって空を見上げている人々が異様に多い。
手を翳しながら、またはへんなサングラスをかけながら…。
そう、今日は金環日食の日。
さんざんラジオのニュースで聞いていたのに、すっかり忘れていた。
急に是が非でも見たい気持ちが湧いてくる。
しかし仕事だ。思考は日常モードへシフトする。

A.M.7:30前後
赤坂見附周辺

皆一斉に空を見ている。いや、正確には普段絶対に直視しないであろう太陽を日食グラス越しに見ている。私は目的地まで急ぐ。
突然、歓声がいたるところであがった。歓声だけじゃない。驚嘆、感嘆、感動が弾けていた。見知らぬ人間同士がその気持ちを共有し合っている。
私は、立ち止まって空を見た。もちろん日食グラスなんて持っていない。しかし、衝動は抑えられない。
…太陽はいつもの姿ではなかった。『言葉にできない』とはこういうことかと思った。
ありがとう、金環日食。君を忘れない。


おわり
2012.03.21 Wednesday

私的一週間

by 鈴木 祐

木曜日
宮部みゆきさんの『模倣犯』読破。面白い!オススメ!


金曜日
PS3の録画エラーで録画していたドラマの最終回を見逃す…。トルネで録れてないじゃんとorz


土曜日
友人とイタリア料理を食べに行く。『とろ〜りチーズのフライドポテト』が美味い。久しぶりにエンタイトルツーベース!


日曜日
渋谷駅の精算機でSuica飲み込まれる。駅員さんにセロテープで応急処置される。現役続行!


月曜日
港区某所にて、なんとアルベルト・○ッケローニ監督と出会う。テンション上げ上げで挨拶。後から思うと独り盛り上がり過ぎて恥ずかしい。
穴があったらくぐりたい…って何処いくんだよ!


火曜日
フットサル。昨日のテンションを維持したままプレー。帰っ来て筋肉痛…真っ直ぐ歩けず段差に躓く。


水曜日
歯科に行き、虫歯が八本あると診断される。即治療開始。最近の麻酔は凄い。全然痛くない。ただ痺れが6時間くらい続くらしい。
夕飯が食べられない。
お腹空いたな…


次週はどんなことがあるのかな?楽しみです。


終わり
2011.12.14 Wednesday

by 鈴木 祐

今年も十二月。
寒くて冷たい冬。
さる冬の朝。

この時期は忘年会とゆーお祭りが開催される。すでに三回程この行事に参加したが、いろんな人達と飲むと結構いろんな刺激がある。「酔いと恋、この二つは隠せない」アンティファネス先生のおっしゃる通り。

祭の最後は「良いお年を」
合言葉に終わる。
帰宅。
TVをつける。
冬の天気予報は必ずNHK。
『………ご覧のように太平洋側は大体晴れのマーク、日本列島の北部および日本海沿岸にかけては軒並み雪マークとなっております………あーだこーだ………どーのこーの………』

…雪のお天気マークに注目。
ひとひらずつ雪が落ちてくるのもすごいが…、その雪の動きに合わせて…雪だるまの目玉も動く!

「うわ〜、偉いっ!やっぱり可愛すぎるぞジャック・フロスト!!なんて芸が細かいんだNHK!!」

毎年冬になると雪だるまのジャック・フロストに会える。次の冬も会えるといいな……


おしまい
2011.09.14 Wednesday

死闘は凛然なりて

by 鈴木 祐

私の家は集合住宅の一階の角部屋です。
ベランダあり、その先に小さな庭があります。まぁ、雑草が絶賛成長中ですが…
私の楽しみのひとつは、朝起きた後そして寝る前にベランダに出てコーヒーで一服することです。

この残暑の中、雑草も蚊も蝶も蜘蛛も蟻も元気に活動中です。
そして蜂も増えたなぁ〜となんとなく感じていました。
本当に多い。今まで全くと言っていい程見かけなかったアシナガバチ達が現れたのです。
まっ、夏なんだからこんなもんか的な感じでいくらかの時が流れました。

時が経ち…アシナガバチがさらに増えた。さすがに怖くなってきた。
ベランダにある湯沸かし器の近くにたむろしている。まるで自分の家のように…
そう………ベランダの手すりにアシナガバチの巣が!家が!!城が!!!
まだソフトボールぐらいの大きさでしたが、マジこぇ〜〜〜
と、とにかく駆除しなければ!!で、で、でもどうやって???
業者を呼ぶのか?自分で退治できるもんなのか??


そこへ目の端に飛び込んできたのは「メッキ感覚(リアルなメッキを追求!重厚な輝きに!)」塗料だ!!!
なんと…こ、これは使えるんじゃないか!?
いや、使うべきだ。よし雨合羽と軍手を装備し、いざ出陣!
それにしても暑い、蒸し暑い、さらに蜂との戦闘が始まると思う緊張感が止めどない汗が滴り落ちる。いや、今はそんなことよりこの戦いに集中だ!

発射〜〜〜!!!

勢い良くメッキ色の塗料が蜂の巣に降り懸かる。蜂が起きた。総勢20以上、一個小隊だ。
蜂が反撃に出始めた。即撤退だっ!
逃げながら右手に装備したメッキ塗料を吹き付ける。
しかし、ダメージはあるようだ。動きが鈍くなっている。本日の作戦は終了だ。

翌日
昨日の作戦成功に満足を得ながら、ベランダに出る。蜂は生きていた………
なんという生命力。
ダメだ!これはもう最終兵器だ。
ゴキジェット購入。散布。退治完了………とおもいきや蜂の巣が残っている。まだ擬死してる可能性もある。
そだ!巣も除去しなければ!!ビニール傘にての刺突を繰り出す。蜂の巣めがけてフェンシング!!
固い…当たってるはずなのに……、三度目の衝撃で庭に転がり落ちた。
すかさずゴミ袋にて回収だ。
ミッションコンプリート〜〜〜!!!

これで、平穏無事な日常に戻ることができる(ふぅ〜)
振り返って…!…!!!
ベランダがメッキに…光り輝く銀色に……サンダルで歩くとベタベタに〜〜〜………
なんて二・次・災・害orz


次の休日はベランダ掃除だね☆


おしまい
2011.06.29 Wednesday

直訳侮り難し

by 鈴木 祐

私が働いてる店には、外国の方が結構たくさんいらっしゃいます。
異文化コミュニケーションは本当に刺激的です。
商品説明して、話が通じると感謝の意を込めてなのか握手をしてきたり、さらにレベルの高い人はハグしてきたりします。
まぁ正直、仕事中なので恥ずかしいし、そんなたいしたことはしてないんだけど…

そんなことを、友人Oと雑談をしてるとき…


O ところでさ、『ジョーズ』って映画があるだろう。なんかアレをサメの固有名詞と勘違いしてる人が多いが、ジョー(JAW)ってのはアゴのことを指すんだぞ。

私 へー。(知らなかった…)

O てか、わかり辛いよな。邦訳したタイトルにすればよかったのに。

しかし、わかりやすく訳すと『アゴス』である。
さらに、訳すとアゴ達…。

私 売れそうにない…

O そうかな、わかりやすいほうが興味が引けないか?

そうかな…いや、Sを安易に複数形に捉えなければいいんじゃないか?
S…スーパーとかスペシャルとか…??
アゴスーパー、さらに邦訳すると『超アゴ』である。

私 こんなんかな、『ハラハラどきどき凄まじいスリルがついに日本上陸!全米ナンバーワンヒット『超アゴ』近日公開!映画館走れ!!』

O いや、多分そんな広告見ても誰も映画館に走らない。凄まじいB級感だ。

A そうだな、思わずこんなもんがナンバーワンヒットする米国を疑ってしまう。

じゃあ、スペシャルのほうは…
『アゴスペシャル』…さらに邦訳すると『特別なアゴ』

A じゃあ、『ハラハラどきどき凄まじいスリルがついに日本上陸!全米ナンバーワンヒット『特別なアゴ』近日公開!映画館で待ってるぜ!!』

O いや、待たれても行きそうにない。こっちが恐縮しちゃう。もっと日本人に適した訳にしないと。

"S"…ん〜例えば…『すごい』→『すごいアゴ』
どんなアゴだ!!!

私 全米ナンバーワンヒットの映画のタイトルが『すごいアゴ』だったら逆に気になってどんなのか見に行きたくならないか?

O まぁ、気になるけど…、元から離れすぎてない?

なんだよぉ、結構真剣に考えてるのに〜

私 じゃあ、シンプルに『アゴすごい』がベストかな。略して『アゴス』…これで決まりだ。
…ってやべ、めぐりめぐって最初の『アゴス』に戻ってるじゃねぇか。

O 知りません。

いや〜、も少し英語のベンキョーしなきゃだめかな…
直訳侮り難しだよ。


おしまい
2011.05.04 Wednesday

29日

by 鈴木 祐

奢ってやるよ!っという豪快な誘いを受け、豪快なその人と焼肉を食べに行くことになりました。
赤坂の高級焼肉屋に連れて行ってもらいました。


豪快さん『ほら、肉を食え、肉を。焼肉屋で野菜を頼む必要はねーんだよ。野菜が食いたきゃ焼き野菜屋に行けばいいんだ。任せろ、俺が焼いてやる。』

言うが早いか運ばれてきた肉をトングでつかみ、次々に焼いていく。いや、表面を炙るだけで瞬間的に高温にさらすだけ、というような感じ…
レアが好みなのかな……
野菜を頼む必要ない、という言葉通りサンチュもキムチも頼むことなく、肉以外はライスだけだった。

豪快さん『若い内はとりあえず肉だ。肉を食っていれば人間は幸せになれる。美味しい肉を食えば悩みは全て解決するさ。』

すげー極論、いや暴論だ。
確かに美味しいけど…

豪快さん『早く肉を食え、肉は熱い内が勝負だ。』

なんで肉を食べるのに勝ち負けが絡んでくるの? と思ったが、ただ冷めていくのを黙って見過ごすこともない。
肉に罪はない。
罪を肉んで、肉を憎まず。
食事を開始する。
とにかく食べる。
食べて、食べて、食べて…とその時、豪快さんの携帯が鳴った。
短い会話の後、わかったと言うとおもむろに立ち上がる。

豪快さん『俺はもう帰るからよ。あとはゆっくりやってろよ。あと二皿三皿、追加注文しろよ。肉。肉を食え、肉だ』

豪快さんはじゃあなと言って、素っ気なく店を後にした。
ちょっと待…………って…………

一人になってしまった…。
お腹はいっぱいだったけど、とにかく追加注文した。そして、とにかく全部食べた。


全身に匂いがつくのは高級な焼肉でも変わらないんだなぁ〜と思いつつ、帰って風呂に入った。

これからはもっと肉を食べていこうと思った。


おしまい
2011.02.28 Monday

雑談

by 鈴木 祐

久しぶりに、友人Qにあった。仕事終わりに一緒にご飯を食べた後、喫茶店に行った。


僕 十一時だね。

Q 昔だったらセブン−イレブンが閉まる時間だね。

僕 どんな昔だよ。

Q ちなみにさ、知ってる?セブン−イレブンは一般的には、今言ったように最初の頃、朝七時に開店して、夜十一時に閉まるから『セブン−イレブン』というネーミングがされたと思われてる節があるけど、それって実は後付なんだって知ってた?

僕 えっ?

Q 本当は、創始者たちが当時、組織していたサッカーチームのチーム名から取ったんだよ。だから、最初の七年はセブンのつづりが違った。

僕 へえ、そうなんだ。


知らなかった!なるほどサッカーチームね!ひとつ頭がよくなったぜ。
じゃあじゃあじゃあじゃあ、つづりが違うセブンって言うのは、どういう意味だったんだろう!?


Q まあ、嘘だけどね。

僕 なぜそんな嘘をつく!!

Q 騙せるかなーっと思って。

僕 そんなお試し的な理由で僕を騙すな!

Q お、スニーカー新しくしたんだ。

僕 急に話題を変えるな

Q 知ってた?スニーカーの語源てストーカーと同じなんだよ。スニーキングって言ってさ。歩いても音がしないってことで、スニーカーと名づけられたんだってさ。

僕 そんないかがわしいネーミングだったのか……


僕は自分の足元を見下ろした。
そこには、もろに真新しいスニーカー。
駄目だ。もうスニーカーをまともに見られない、なんて僕に似合わない靴だろう。明日から革靴にするしかないな。うん……

そして、僕たちは『蛍の光』が流れる店内を後にした。

おしまい
2010.12.23 Thursday

今年

by 鈴木 祐

K「そろそろ今年も終わるね。年末年始で実家帰るんだ。久々に10連休だよ。クリスマスにカウントダウンに正月にイベント盛りだくさんだよな!」

僕「そうだね〜。そうなんだ〜。いいね〜。」

K「なんだよ。テンション低いな〜。特番観ようよ。クリスマスだよ。べートーヴェンの第九だよ。我らみな兄弟って歌おうぜ。人類愛だ!愛で世界を満たそうぜ。」

僕「楽しそうだな」

K「あ!そういえば、お前昔から祝日だのイベントデー嫌いだもんな。平日大好き平日人間だもんね〜」

僕「平日人間って…」

(しょぼそうだな、そいつ…何の魅力も感じない)

僕「別に嫌いって訳じゃないよ、苦手なだけ」

K「同じじゃん」

僕「同じかねぇ。でも、年末年始って言ったって、別段、何の変わり映えもしないじゃん。朝は変わらずやってくるし、爪はいつもと変わらず伸びるし、身長はいつもと変わらず伸びないし…」

K「まーそーだねー」

僕「人は争いをやめないし、裏切りと嘘は絶えることなく繰り返されるし」

K「え? なんで話が壮大に増大したの?」

僕「とにかく、祝日が平日と何ら変わらない、変わり映えのしない日々であるという現実は変わらないぜ。だいたい、ことあるごとにイベント作って業界の商法にまんまと乗せられちゃって、恥ずかしくないのかと僕は苦言を呈したいね」

K「…呈したいんだ」

僕「停止したいね」

K「止まりたいの?」

僕「………ゴールデンウィークとか黄金連休って言い過ぎじゃない!?ハッピーマンデーも中にはアンハッピーな人はいるでしょ」

K「うーん、それってイメージ戦略でしょ。人はナイスなネーミングを求めてるんだよ。知ってる?グリーンランドってさ、極寒のツンドラ地帯なんだけど、それでもたくさん人に来てほしかったから、緑がいっぱいっぽい名前をつけたんだって」

僕「そのくらい知ってるよ。それどころじゃないぜ。グリーンランドの中心都市はゴッドホープと名付けられていたんだ。神の希望だ」

(一見仲良しを装った、しかしその実、険悪なぴりぴりとした雑学対決が、実ににこやかに繰り広げられた。もっともその勝負は…)

K「ちなみにグリーンランドってデンマーク領なんだよね」

(という一言が決まり手で、僕の負けに終わってしまった)

K「ねぇ、ツヅキ君」

僕「なんか『次回もお楽しみに』みたいな感じだけど、僕の名前はス・ズ・キ・だ」

K「失礼、噛みました」

僕「違う。わざとだ……」

K「噛みまみた」

僕「わざとじゃないっ!?」

K「ファミマみた?」

僕「そんなに気軽にコンビニの場所を確認されても!」

(愛か? 愛でも買いに行くのか? 二百九十八円で!)

その後、『あなたとコンビにファミリーマート』で買い物をした。
愛と笑顔のお釣りをいっぱいくれた店員さんだった。どうしよう…


おわり
Powered by
30days Album