ARCHIVE    ENTRY    COMMENT    TRACKBACK    CATEGORY    LINK    PROFILE    OTHERS
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< サイクリング日和☆ | main | 「小道具探し?」 >>
2008.09.08 Monday

Mr.Childrenと僕

by 阪爪優介


※写真は今年の夏、ビアガーデンに行ったときの一枚です。本編とは直接関係はありません。


皆さん、こんにちわ!
楽器片手に一ヶ月、阪爪優介です。今年の夏、人生で初めて髪の毛を茶髪に染めたのですが、美容師さんに「(染める前と比べて)若返りましたね」と言われました。
黒髪の時は何才に見えたのでしょうか…?


さて、突然の話ですが僕はMr.Childrenの大ファンです。
ファンになったのは高校時代なんですが、それ以来の長い付き合いです。
先日リリースされた「HANABI」を繰り返し聞いている毎日です。
これがまた、歌詞がよくて曲調も感動ものなんです…!

周りには「うるさい」と言われるくらい、ミスチルファンである事を公言して止まない僕ですが、これにはちゃんとした理由があるんです。

それは僕が高校生だった時の話です。
好きだった先輩にフラれてしまい、何事にもやる気がおきなくなっていた僕は、たまたまテレビで流れていたミスチルの曲を耳にしました。
ちょうどベストアルバムがリリースされていた時期で、巷ではちょっとした話題になっていたのです。
それまで音楽には全く興味がなかった僕ですが、知らない人がいないくらいの話題性と、なんとなく自棄になっていた事もあり、ベストアルバムを購入してみることにしました。

実際そのアルバムを聞いてみて、僕は衝撃を受けた記憶があります。
そこには、甘酸っぱい恋の物語があり、時として相手を憎んでしまうような愛しさの気持ちがあり、果ては誰もが体験して得るような人生観がありました。
まさに、僕にとって人生の教科書のような世界が繰り広げられていたのです。
桜井和寿さんが紡ぎだす歌詞や、メンバーが奏でる音色に、次第に虜になっていく自分がいる事に気付きました。

その衝撃を受けて以来、落ち込んだ時や、どうしようもなくなったりした時は、ミスチルの楽曲を聞いて「まだ頑張れる!」と立ち上がってきました。
僕とミスチルのそんな関係は、これまでもこれからも続いていくと思います。


阪爪のミスチル好きの片鱗が垣間見える(?)かもしれない、「こんにゃくの花」。
稽古はいよいよ立ち稽古が始まります。
劇場でお待ちしておりますね!



ちなみにミスチルで一番好きな曲は「名もなき詩」です。

Powered by
30days Album