ARCHIVE    ENTRY    COMMENT    TRACKBACK    CATEGORY    LINK    PROFILE    OTHERS
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< プリンはしっかり食べましょう、渉さん(笑) | main | アナログゲーム >>
2010.01.10 Sunday

『今年もやっぱり・・・』

by 清田和彦

 今年もやっぱり・・・「特撮」でしょ!

昨年の話にはなるのですが、「ウルトラマンレオ」のDVDの第1巻を買いました。
初期のウルトラマンシリーズの中では、実は「ウルトラマンレオ」はそれほど好きな作品ではありませんでした。子供の頃は、やはり派手な光線技が好きで、光線技をたくさん使える「ウルトラマンA」が好きでした。基本的に光線技が使えないという設定の「ウルトラマンレオ」には魅力を感じなかったんです。

 でも今回のDVDを見て、かなり印象が変わりました。
第1巻には1話から4話までが入っているのですが、1話と2話は「レオ」の登場編となります。
 物語の冒頭は、2匹の怪獣(ブラックギラス・レッドギラス)とウルトラセブンの戦いで幕を開けます。地球はウルトラセブンが守っているんですね。(ちなみに、ウルトラセブンに変身するモロボシ・ダンは、MAC〔マック/地球を守る組織〕の隊長となっています)
ところが、その2匹の怪獣が凄く強い。いきなり「セブン」は劣勢を強いられます。そして、その2匹の怪獣を操っているマグマ星人も登場し、「セブン」を攻めたてます。
すると「セブン」は2匹の怪獣に足を折られてしまうんですね。で、その足を折られるシーンがしっかり映っているんです。怪獣が「セブン」の足をありえない方向にぐぐぐっと捻っていくわけです。しかも骨の折れる効果音も有り。こんなあからさまに映していいのか!ってくらいです。
そこへ「レオ」が現れて「セブン」を助けるのですが、足を折られるシーンは凄い斬新な映像です。ここでかなり好奇心をそそられました。
「セブン」は「レオ」に地球を守るように頼みます。「レオ」は地球には『あなたがいるじゃないですか』と答えるのですが、実は「セブン」は先程の戦闘のダメージで変身ができなくなっているんですね。それを聞いた「レオ」は第2の故郷である地球を守る決心をします。
「レオ」の故郷の獅子座L77星はマグマ星人に滅ぼされており、「レオ」にとって地球は第2の故郷だったんです。ちなみに、ウルトラ兄弟の故郷はM78星雲だったりします。
 しかし「セブン」を敗北させる2匹の怪獣相手に、今の「レオ」では勝ち目はありません。
なんと、ここで「セブン」のモロボシ・ダンが「レオ」のおゝとりゲンに特訓をします。どうやら当時、スポ魂モノのドラマが流行っていたからみたいですよ。「レオ」は空手が得意なのですが、この特訓で2匹の怪獣を倒す蹴り技「きりもみキック」をマスターして、戦いに勝利するんです。

 ここまでが1話と2話のストーリーなのですが、3話と4話がさらに斬新です。
おゝとりゲンはMACに入隊しますが、一方でスポーツジムのトレーナーをしています。第3話は、そのスポーツジムでとても仲の良い親子を印象付けるところから始まります。既にお母さんは亡くなっていて、お父さんと小さい兄妹の3人家族です。その親子が、夜、スポーツジムからの帰り道で、なんと星人に襲われてしまうのです。ツルク星人という、両手が鎌のようになっている星人なのですが、その星人に襲われてお父さんは命を落としてしまいます。冒頭であれだけ仲の良い親子を演出しておきながらすぐに殺してしまうことにも驚きだったのですが、それ以上に驚いたのは、その映像です。
人間大のツルク星人の影が一閃すると、すでにお父さんは死んでしまっているのですが、死因はもちろんツルク星人の両手の鎌です。影が一閃すると、お父さんは胸のあたりから真っ二つにされているのです。しかも真っ二つになった胴体が、しっかり映像に映っています!
す、凄すぎる! 斬新だー!! 本当にびっくりです。衝撃です!!!
 で、孤児になった兄妹をMACの基地に連れていったところ、子供のいないMACの隊員がその兄妹を引き取ることになるんですが、その隊員が車で兄妹を家に連れて行こうとしたところ、な、な、なんと、その隊員もその兄妹の前で殺されてしまうんです。
この展開にはびっくり!
好奇心はさらに上昇です!

この後は、一度ツルク星人に敗北しながら、また「レオ」が特訓をして、最終的にツルク星人に勝利するのですが、いやー、「ウルトラマンレオ」、面白過ぎます! 

 あまりにも興奮して、これを誰かに話したくなりました。
後日、いてもたってもいられず、特撮には全く興味のない娘に話してしまったのですが、その娘は優しく笑顔で聞いてくれました。
ありがとうです!!
 
 さて、今年も特撮漬けの生活を送るぞ! と心に誓いながら(誓わなくても間違いなくそうなると思う・・・)、「ウルトラマンレオ」の1巻をもう1回見ようかな、と。
と同時に、2巻以降も買わなきゃね! とも思っている今日この頃です。

 やっぱり「好きなモノ」は「好き」なんですよね!
Powered by
30days Album