ARCHIVE    ENTRY    COMMENT    TRACKBACK    CATEGORY    LINK    PROFILE    OTHERS
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< たな散歩 | main | 稽古場発表☆ >>
2011.10.30 Sunday

『琉神マブヤー』

by 清田和彦

 先日、『琉神マブヤー』という特撮のDVDを購入しました。
『琉神マブヤー』は、沖縄で放映のローカル特撮ヒーローです。

 『琉神マブヤー』は、正義のヒーロー・琉神マブヤーが9つの「マブイストーン」を狙う『悪の軍団マジムン』と沖縄の平和を守る為に戦う物語です。
 さて『マジムン』が狙う「マブイストーン」ですが、琉球時代よりも昔、沖縄を治めていた九頭の竜が姿を変えた曲玉型の石のことです。そして「マブイ」とは「魂」のことなんですね。
つまり、『マジムン』は沖縄の魂が込められた「マブイストーン」を奪って沖縄の人を困らせようとしているんです。
 と、ストーリーだけを見ると、超熱血なヒーロー物のようですが、いや、確かに『マブヤー』のスーツはかっこいいし、かなりヒーローしているのですが、やはりそこは沖縄ということでしょうか。どこかのんびりとした、ほのぼのした雰囲気が漂ってしまうのです。

 『マジムン』の方は、ちょっと間抜け度が増してるような気がします。首領の「ハブデービル」を初め、「オニヒトデービル」、「マングーチュ」。メイク+気ぐるみ。沖縄色満載。なーんか憎めない悪役なんです。

 「マブイストーン」に込められた「沖縄の魂」。これは9つあるわけですが、例えば、「ウチナーグチのマブイストーン」。沖縄の方言を司るものなんですね。『マジムン』はこれを奪うのですが、そうすると沖縄の人は、方言が使えなくなって標準語を話すようになる。『マジムン』は「沖縄の魂をなくしてやった。これで沖縄は俺たちのものだ!」と考えるわけです。
うーん、なーんかやっぱりほのぼの。
もちろん、最後には『マブヤー』が「ウチナーグチのマブイストーン」を取り返して、沖縄に方言が戻ります。
 なんかほのぼのですが、なんかとっても楽しめてしまうのですよ。
 ちなみに、このDVD、字幕を表示させることができます(笑)。
 『琉神マブヤー』・・・なかなかのモノですよ。

 それから、ゲームの話をちょっとだけ。
PSPのAKBのゲーム第2弾。とってもとっても楽しいです。
AKBに僕の時間がどんどん奪われていくのだぁ。ムフフ。
僕は「あっちゃん」推しです。
僕は「あっちゃん」推しです。
僕は「あっちゃん」推しです。
でも今回は、「こじはる」ちゃんがヤバイです。
魂、吸い取られます・・・。

 皆さんも、一度、お試しあれ!
Powered by
30days Album