ARCHIVE    ENTRY    COMMENT    TRACKBACK    CATEGORY    LINK    PROFILE    OTHERS
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< しょうがなくない、しょうがの話 | main | 『あばよ涙 よろしく勇気』 >>
2012.01.16 Monday

夢をかなえるゾウ

by 中村伸一

”夢をかなえるゾウ”という本を読んだ。
ドラマやアニメにもなっているベストセラー小説だ。
私はドラマが好きで楽しみに見ていたのだが、原作はどうなんだろ〜な〜という思いから、超イマサラ読んでみた。
読んでみて......表現というのは本当に形のないものだと思った。なんのこっちゃ!!
この物語は主人公にインドの神、ガネーシャが一日一個、課題をだし、それをこなしていくうちに主人公が自分の欠点や社会の仕組み、夢をかなえるには何をしたらよいのか?など考え、成長していく姿を、笑いあり、涙ありで描いた作品である。
しかし、このガネーシャの課題をピックアップして読んでみると(巻末にある)とても説教されてる気分で素直になれない自分が出てくる。
しかし、物語の中で読んで行くと、、、、、とても素直に聞くことができるのだ!!
私はこの本を読んで、まずこの事にとても感心した!!
もともとこの作者さんは、大学の先生で成功術の本を書いてる人みたいだ。う〜ん、ドラマはともかくこの本は確かにその匂いがする!!
成功術の本など絶対に読まない私が、面白い可笑しく、時に涙して成功術の本を読んでしまったのだ!!
そして読み終えた時、良い話しだな〜と、素直に思えた。
本の中の課題を全部やることは出来ないが、幾つかは実行していこうと、新年会、じゃなくて新年に誓った、なかむらでした!!








--------------------
sent from WILLCOM 03
Powered by
30days Album