ARCHIVE    ENTRY    COMMENT    TRACKBACK    CATEGORY    LINK    PROFILE    OTHERS
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< こんばんわ。ニュースプラネットの時間です♪ | main | ふっと、春 >>
2014.03.19 Wednesday

『Z』

by 清田和彦

 「仮面ライダー×スーパー戦隊×宇宙刑事 スーパーヒーロー対戦Z」を見ました。
タイトルの通り、「仮面ライダー」「スーパー戦隊」「宇宙刑事」が出演する作品なのですが、その中でもメインとなるのが、「宇宙刑事ギャバン」、「特命戦隊ゴーバスターズのイエローバスター」、「海賊戦隊ゴーカイジャーのゴーカイシルバー」、「仮面ライダーウィザードのウィザードとビースト」です。
 魔法の暴走で宇宙のあちこちにワームホールが出現し、宇宙が破滅の危機に瀕している。銀河連邦警察は、それを地球の魔法使い「ウィザード」と「ビースト」が原因だと考え、ギャバンに2人の抹殺を命じる。そして、ギャバンは「ウィザード」に戦いを挑むのですが、ウィザードが子供を助けるのを目の当たりにし、戦闘を中断する。
銀河連邦警察に戻り、ウィザードの再調査を進言するギャバン。しかし、それは許されず、ギャバンは宇宙刑事の資格を剥奪され、蒸着(変身)できなくなってしまう。それでも、生身で調査を続けるギャバン・・・いやぁ、男ですねー。かっこいいですねー!
 本当の敵は「宇宙犯罪組織マドー」。そして、マドーによって魔法の力を得て蘇った「スペースショッカー」だったんです。「スペースショッカー」では、「イカデビル」や「蜘蛛男」など懐かしい怪人達が、魔法の力を得て、スペース仕様で復活してました。
 そして、変身できないギャバンに「ゴーカイシルバー」と「イエローバスター」が協力して、宇宙の平和を守る為に、巨悪に挑んで行くんです。
「ウィザード」ももちろん活躍するのですが、「ウィザード」は独自に動いているんですよねー。
とにかく、「イエローバスター」の「ヨーコちゃん」は超かわいいので、メインで出番が多くて、嬉しかった!
 今回、すべての仮面ライダーや戦隊ヒーローが出演するわけではないのですが、「1号ライダー」や「フォーゼ」、「アカレンジャー」や「キョウリュウジャー」、「シャリバン」や「シャイダー」などは登場してきますよ。もちろん他にもたくさんのヒーローが出てきます。結構、何でもありな感じなのですが、僕はこういうのが大好きなので大満足です。
そして、紆余曲折を経て、もちろん最後には大団円。あー、楽しかった!!

 さてここで、新しいスーパー戦隊の話。その名は、「烈車戦隊トッキュウジャー」です。いよいよ始まりました!
悪の帝国「シャドーライン」と「レインボーライン」を走る「烈車」に乗る「トッキュウジャー」との戦いです。列車がモチーフの戦隊は、長い歴史で初めてなのだそうです。
 トッキュウジャーは記憶を失っている幼馴染の5人。想像力を力に変えて、悪と戦います。キャッチコピーは「勝利のイマジネーション」です。
 ちなみに今回、名前は「色」ではなく「番号」です。「トッキュウレッド」ではなく、「トッキュウ1号」なのです。なぜかと言うと「乗り換え」ができるから。乗り換えと言う技で、別の色の戦士になれるんですね。だから、名前に色が入っていないんです。レッドがピンクになったり、ブルーがイエローになったり。ちょっと紛らわしいけど・・・まあ、いいか。
 新しい試みがたくさんの「トッキュウジャー」、おもしろそうです!
そして「トッキュウ3号(イエロー)ちゃん」がかわいいです!!
 
 今年も特撮三昧だなぁ、やっぱり。
Powered by
30days Album