ARCHIVE    ENTRY    COMMENT    TRACKBACK    CATEGORY    LINK    PROFILE    OTHERS
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 初!制作スタッフ! | main | 『梅雨なんかふっ飛ばそう(((^^;) 』 >>
2014.06.01 Sunday

『鎧武』

by 清田和彦

 「仮面ライダー鎧武」、面白くなってきました。
ダンスチーム同士のインベスと呼ばれる怪生物を使ったテリトリー争いから、物語は人類の生存をかけた戦いへ。
実は、インベスが存在するヘルヘイムの森というのは、別次元であり、ヘルヘイムの果実を食べた生物がインベスという怪生物になって生存している世界だったんです。
そして今、ヘルヘイムの森は人類の住む世界へ侵食しようとしているのです。ヘルヘイムの植物に寄生された人間の身体からは、ヘルヘイムの植物が発生し、ヘルヘイムの果実を食べた人間はインベスという怪生物に変身してしまいます。
このままヘルヘイムに侵食されれば、人類はあと10年で絶滅してしまうのです。
 ユグドラシルコーポレーションは、ヘルヘイムの森の侵食から人類を救う為に、戦極ドライバーを開発しました。ドライバーがあれば、ヘルヘイムの果実を食べることなく、そのエネルギーを搾取すことができるのです。そして、ダンスチームを使い人体実験することによって、ユグドラシルは戦極ドライバーの量産に成功しました。あと10年で、ヘルヘイムの森に完全に侵食されてしまうであろう世界をユグドラシルは救おうとしているのです。
ここまで聞くとユグドラシルは「善」と思えるのですが、実はそのドライバーは全人類の約15%の数しか製造することができません。その為、ユグドラシルは、残りの約85%の人間を淘汰しようとしています。
そんなことは許せない主人公の葛葉 紘汰(カズラバ コウタ/仮面ライダー鎧武)は、人類を救う方法を模索しながら、ユグドラシルと戦うのですが、なんと物語は、ここで新たな展開へ。
ヘルヘイムの森には、オーバーロードと呼ばれる上級インベスが存在していたのです。オーバーロードは、ヘルヘイムの森に侵食された世界でも、知性を保っており、紘汰は人類を救う為にオーバーロードと接触を図るのですが、オーバーロードは好戦的でうまく話し合うことができません。
 またユグドラシルも一枚岩ではありません。ユグドラシルの中にも、本当に人類を救いたいと考えている人物と、ヘルヘイムの森が1つの世界を侵食するたびに1つだけ発生する「禁断の果実」を手に入れることを目的とした人物がいます。とにかくこの話、「善」対「悪」という単純な構図ではないんです。登場人物達が、それぞれの思惑を持って動いているのです。
 ライダーもどんどん増えてます。「鎧武」「バロン」「龍玄」「斬月」「黒影(既に退場)」「グリドン」「ブラーボ」に加え、「ナックル」「黒影トルーパー(量産型黒影)」が登場。
さらに、ユグドラシル所属の次世代型ライダー。「斬月・真(斬月がパワーアップ)」「デューク」「シグルド」「マリカ」も姿を見せます。
そして、主人公の鎧武は「カチドキアームズ」という超強化形態に変身可能になってます!

 なかなか硬派な展開になってきました。最初は「ん?」と思っていた「仮面ライダー」ですが、今は毎週、超楽しみにしています!
あとは、ヒロインの「高司 舞(タカツカサ マイ)」ちゃんが、もう少し活躍してくれればいいなー。
今後に期待大です!
Powered by
30days Album