ARCHIVE    ENTRY    COMMENT    TRACKBACK    CATEGORY    LINK    PROFILE    OTHERS
<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< はじめての・・・・・・ | main | 浅草観劇 >>
2017.10.23 Monday

『GARO』

by 清田和彦

このところずっと『GARO』に嵌まってます。もちろん、「アニメ」でもなく「パチンコ」でもなく、特撮の『GARO』です。
第一作目は、2005年から2006年にかけて、テレビ東京系で放映されました。そして現在も、劇場版等を含め、まだまだシリーズは続いています。
『GARO』は、この世の闇に潜む「ホラー」を狩る魔戒騎士のストーリーです。魔戒騎士の中で最強の称号を持つのが「牙狼」です。
第1シリーズの主人公は「冴島鋼牙」。
画廊のオーナーがホラーに豹変。綱牙は牙狼の鎧を召喚し、そのホラーを倒します。しかし、そこに居合わせた画家を夢見る女性「御月カオル」は、ホラーの返り血を浴びてしまいます。
ホラーの血はホラーを誘き寄せる。綱牙は多くのホラーを狩る為にカオルを利用します。ホラーの血を浴びた人間は、100日後には気絶することも許されない激痛の中で絶命する。カオルにはそれを秘密にして、自分のそばでホラーの餌にするのです。
しかし、それは口下手で不器用な綱牙の優しさ。綱牙がいなくても、ホラーの返り血を浴びたカオルは多くのホラーから狙われることになる。それならば、カオルを守りながら、ホラーの返り血を浄化しようと綱牙は決心していたのです。
とにかく、綱牙は優しくて格好いい。そして強い。綱牙とホラーの戦いは迫力満点です。
そして、牙狼の鎧を召喚した後はさらに格好いい!
ストーリーもただホラーを倒すだけでなく、人間ドラマもすごいです。心惹かれるお話がたくさんです。綱牙とカオルも、いろいろな困難を乗り越えて最後には結ばれますよ。
とにかく見応え満載。一見の価値ありです!

そして、ちょっとだけ欅坂の話。
休養していた今泉佑唯ちゃんが戻ってきました!
お休みしていた人が戻ってくるのは嬉しいですね。
お仕事は少しずつとのことですが、あせらずゆっくり元気になってほしいと思います。
「ずーみん」の笑顔がまた見られるのは嬉しいです!
Powered by
30days Album