ARCHIVE    ENTRY    COMMENT    TRACKBACK    CATEGORY    LINK    PROFILE    OTHERS
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 『ジオウ』 | main | 9月になりましたね! >>
2018.09.05 Wednesday

二人のイーダ

by 中村伸一

40年以上前に実家の近くの市民会館で”二人のイーダ”と言う映画を見た。

「心を持った椅子が、持ち主のイーダちゃん(五歳くらいの女の子)を探す話だよ」

と友達に言われ、楽しそうな話だと思い見に行った。
実際の内容は、原子爆弾で二度と帰らぬイーダちゃんを心を持った椅子が、戦争が終わった後も誰も帰らない家で、ずっと待ち続ける話だった。

私は、原子爆弾が話の中に出て来る作品を初めて見ました。

初めて見たからかもしれないが、私には衝撃的でした。それは、戦争で死んだ人間を”椅子”が待ち続けていたからだと今は思います。心を持つはずのない椅子が心を宿し、いつも座ってくれていた主を待ち続けていたからだと思います。

最近、図書館でこの本を見つけ、読んで見ました。

細かい所は覚えていませんが、映画だと町中をさまよい歩く椅子が原作では家の周りの森の中だけになっていました。

それにしても、ものすごく良い作品です。

50年以上たっても再販され続けている作品って、やっぱり凄いなと思いました。
Powered by
30days Album