ARCHIVE    ENTRY    COMMENT    TRACKBACK    CATEGORY    LINK    PROFILE    OTHERS
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< べんきょーちゅー! | main | プチ贅沢&#10071; >>
2019.06.02 Sunday

『3号』

by 清田和彦

久しぶりに『スーパーヒーロー大戦GP 仮面ライダー3号』を見ました。2015年に上映された仮面ライダードライブがメインの映画です。主人公は泊進ノ介(とまり しんのすけ)、刑事です。
そして、彼には詩島霧子(しじま きりこ)ちゃんという相棒がいます。

1973年、ショッカー首領を倒した仮面ライダー1号2号の前に仮面ライダー3号が立ち塞がります。これは、ショッカーが密かに開発していた歴史改変マシンの影響なのですが、3号は1号2号を倒してしまいます。
そして、歴史が変わるのです。
2015年はショッカーが世界を支配しています。ほとんどの仮面ライダーがショッカーの仲間になっていますが、ドライブ・マッハ(「ドライブ」の2号ライダー)・ゼロノス・ファイズ・ブラック等のライダーは、ショッカーを倒そうとしています。ちなみに、マッハは霧子ちゃんの弟です。
そして、この正義のライダー達の前に黒井響一郎(仮面ライダー3号)が現れます。仮面ライダー3号を演じたのは及川光博さんです。
3号は、脳手術を受けておらず、1号2号を倒したことを後悔していると言うのですが・・・。
まあ、紆余曲折、いろいろあって、仮面ライダー1号2号も甦り、3号とともに、電子頭脳となりショッカーロボを操るショッカー首領を倒して、歴史は元通りに修復されます。正当な歴史には存在しなかった仮面ライダー3号はそのまま消えていくのです。
が、この戦いの中で、仮面ライダーマッハがショッカー怪人に倒され、死んだまま物語は終了します。歪められた歴史の中での死。これが何を意味するのか。そう、まだ物語は終わっていなかったのです。
この映画には続編があります。Vシネマ『仮面ライダー4号』です。この話がとっても良いのです!

・・・よし、今度は『仮面ライダー4号』をもう一度見よう(笑)
楽しみ!
Powered by
30days Album