ARCHIVE    ENTRY    COMMENT    TRACKBACK    CATEGORY    LINK    PROFILE    OTHERS
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 秋になったから…始めよう! | main | 代打! >>
2019.09.15 Sunday

『ゼロワン』

by 清田和彦

仮面ライダージオウが最終回を迎えました。
主人公は、50年後の未来でオーマジオウとして君臨する常磐ソウゴ。
その50年後から、ゲイツとツクヨミが、未来を変える為に2019年にやって来ます。ナンダカンダあって、ゲイツとツクヨミはソウゴの仲間になり、真の敵と戦います。その真の敵とは、タイムジャッカーのスウォルツ。彼は、ソウゴの世界とは別の世界の住人です。
スウォルツの世界は滅びる運命にありました。彼は、自分の世界だけでなく、他のすべての世界を滅ぼそうとしていたんです。
ソウゴにすべての仮面ライダーの力を集めさせ、最終的にその力を奪い、世界を破滅させようとしていました。
しかし、すべての仮面ライダーの力を集めたソウゴは、オーマジオウに進化し、スウォルツを倒すことに成功しました。
オーマジオウとなり君臨する未来を選んだかに思えたソウゴ。しかし、そうではありませんでした。
ソウゴは、オーマジオウの力を使い、世界を破壊しました・・・新たに世界を創造する為に。そして、物語は、ソウゴが仮面ライダーの力を手に入れる前に戻り大団円です。ソウゴが仮面ライダーにならなかった新しい未来が始まるのです。
平成最後の仮面ライダー、とっても面白かったです!

そして、新しい仮面ライダー、『仮面ライダーゼロワン』が始まりました!
「令和」の最初のライダー(1号ライダー)だから、『仮面ライダーゼロワン』なのかな。
テーマは人工知能AI。
AIが発達した新時代、「ヒューマギア」と呼ばれる人工知能搭載ロボットが存在し、人間と区別のつかない姿で、あらゆる面で人間の生活をサポートしている。
その一方で、人類滅亡を企むサイバーテロリストが現れ、ヒューマギアを暴走させる。その脅威に立ち向かうのが、仮面ライダーゼロワンです。

まあ、私らの時代は「ゼロワン」と言えば、『キカイダー01』ですけどね(笑)
『人造人間キカイダー』の後番組なのですが、キカイダーより以前に造られたという設定です。
キカイダー01はキカイダーが持っていた不完全な良心回路は持っていません。だから、善悪の葛藤に苦しむことなく悪を倒します。
エネルギーは太陽電池。その為、夜や海底では、そのパワーが10分の1に・・・。
あ、いやいや、今回は「キカイダー01」ではなく、「仮面ライダーゼロワン」だった!

ゼロワンは、日本最大手のAIテクノロジー企業の社長ライダー、飛電或人(ひでんあると)。お笑い芸人をしていた或人が、いきなり祖父の会社を受け継ぐことになったのです。
モチーフは、なんとバッタです! 1号ライダーを思い出しちゃいますね。
2号ライダー(仮面ライダーバルカン)も出ますよ。こちらのモチーフは狼ですが。
そして、物語の序盤から女性ライダー(仮面ライダーバルキリー、モチーフはチーター)も登場しますが、これは仮面ライダー初とのこと。斬新です。
さらに、ヒロインは秘書型AIアシスタンスト、ヒューマギア「イズ」。
そしてそして、イズを演じるのが、「鶴嶋乃愛(つるしま のあ)」ちゃん。乃愛ちゃんは、とってもかわいいのです。第1話でも、少し首を傾げた瞬間がとってもかわいかった!

ヒューマギアは通信衛星ゼアによって制御されている。人物を認識し、自分で考えて行動する。
イズは、社長のサポートに特化したヒューマギア。あくまで、秘書という立ち位置ですが、或人とともにいることで、様々なことをラーニングしていくようです。いつか、そのラーニングの成果、かわいい乃愛ちゃんのとびっきりの笑顔が見たいな(笑)

さてさて、今後の展開がとても楽しみな令和の1号ライダー。
乞うご期待ですね!
Powered by
30days Album