ARCHIVE    ENTRY    COMMENT    TRACKBACK    CATEGORY    LINK    PROFILE    OTHERS
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 蔵内よしはるのダメ人間万歳!! | main | 人生初! >>
2019.11.01 Friday

いしばしれんじ!!

by 中村伸一

> お題の答え。秋?月並みですが、紅葉かな。

先日自転車のタイヤがパンクした。
いつも開いていない近所の自転車屋さんが開いていたので行ってみました。
店先に置いてある空気入れの機械に”1回50円”と書かれた貼紙が貼ってある。
50円?今時”空気無料”とか”空気入れご自由”にとかが主流じゃないのか?
(少なくとも私の行く自転車屋は皆そうだ)
何か嫌な予感がするが、思い切って店の中に声をかけてみた。
ごめんください。と3回声をかけて出て来たのは、石橋蓮司によく似た親父さんだった。
足が悪いのか、杖を突いている・・・大丈夫なのか?
自転車の状態を私から聞いた親父さんはおもむろに工具箱から工具をだし、店の前(路上)に広げ始めた。
通行人の邪魔じゃないのか?そんな事を心配する私に親父さんは”ちょっとこれ、持ってて”といくつかのの工具を手渡した。私は工具を持ちながら立ってた。
私の自転車とそれを修理する蓮司は通行人の邪魔だった。そして工具を持っている私は完全に蓮司の息子だった。
通り過ぎる人達は皆私に非難の目を向けながら通りすぎた。
”そんな目で見るんじゃねえ!!”と叫びだしたい気分だったが、私は無言で通行人に頭を下げ続けていた。
たまにご近所さんが”元気になってよかったわね””具合どうですか””体に注意してね”等声をかけていく。
蓮司もニコニコしながらそれに答えていた。
何かあたたかい場面を見ている気がした。
”あ、ちょっとその長いの頂戴””これで良いですか?””そうそう”等、弾む?会話の中でパンクは直った。
10分程の出来事だったが、来てよかったな〜と感じた。
ちなみに修理の代金は気持ち高かった。
おわり。

Powered by
30days Album